テーマ:映画

World War Zの音楽良かった(Muse)

昨日、ブラッド・ピット主演の映画「World War Z」を観てきました。驚異的な感染力のウィルスで人間がゾンビ化する終末ストーリー。 いろいろ書きたいことはありますが、とにかくエンドロールの前半で流れる音楽が印象的で、帰宅してから検索しまくり。そしたら、Museというグループの最新アルバム「The 2nd Law」の中に収録され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアンマン3 二度観ました

4月26日から公開になっているアイアンマン3を観て来ました。しかも二度! 初めから二度観るつもりではなかったですが、28日(日)に購入したのは日本語吹き替え版。しまった、3Dが観たいと思って買ったのに、3Dは字幕版がなかったのです。しかも字幕版2Dは一日2回しか上映してない。 仕方なく、今日は1日のファーストデイで1,000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイハード5

昨日、ダイハード5を観て来ました。 ダイハードは、1~3をリアルタイムで観ていません。1の公開は25年も前のことのようですが、私がブルース・ウィリスのファンになったのは、ダイハードではなく、「アルマゲドン」だったんです。もともと筋肉ムキムキ マッチョを売りにしている俳優は好きではなかったので。 ダイハード5ですが、娯楽作品と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒュー・ジャックマン「リアル・スティール」観て来た。

昨日から公開になったHugh Jackman主演の「REAL STEEL」を観て来ました。最近ずっと映画なんて観てなかったので、本当に久しぶりの映画鑑賞でした。 西暦2020年のロボット同士が格闘技を繰り広げる近未来世界。ボクシングにまったく興味もないし、どちらかと言えば格闘技が嫌いな自分でも楽しめる映画でした。 ヒュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さや侍」のエンディング

公開初日に見た「さや侍」のエンディングで、竹原和生が歌う詩がとても印象深くて、心に残ったので、その詩が書いてないかとパンフレットを買いに行った。パンフレットにはその詩が書いてある。 父は侍でしたか 誇りますか 恥じますか 恨みますか 父は侍でしたか 父は死にました でも、心配しないでください 父子、今、母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本人志監督「さや侍」観ました

「大日本人」「しんぼる」に続く、松っちゃん監督作品3作目「さや侍」を観てきました。 ある出来事をきっかけに戦うことを拒み刀を捨てた侍が、脱藩の罪で捕らえられ、殿様から「三十日の業」を科せられる。母を亡くし笑顔が失われた若君を1日1芸、30日で笑わせられれば無罪放免、失敗すれば即切腹という難業に挑む姿を描いた松っちゃんオリジナル作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルース・ウィリス主演映画「RED」の感想

昨日から公開になったブルース・ウィリス主演「RED」を観て来ました。映画を観るのはずいぶん久しぶり。多分「踊る大走査線」以来だと思う。最近観たいと思う映画がなかったしね。 静かな引退生活を送っていた元CIAエージェントのブルース・ウィリスが、突然ハイテク集団の襲撃を受ける。もうその襲撃シーンからハチャメチャな感じで楽しい。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャッター・アイランドを観た

レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の「シャッター・アイランド」観てきた。 映画が始まる冒頭、スクリーンには 「まだこの映画を観ていない人には、この結末を絶対に言わないで下さい」 と注意が出る。予想を超えたクライマックスってことらしい。 全ての謎が解けるまでこの島を出ることはできない。 四方を海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン「This Is It」

まったくマイケル・ジャクソンには興味がなかった。でも一度は見ておこうと心に決め、映画館に向かった。 This Is Itを見るために。 知ってる曲といったら、スリラーやBeat Itくらいなもの。それ以外はスキャンダルや奇行のイメージしかない。 けれど、スクリーンで映るマイケルは普通の人間だった。 いや、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺謙主演「沈まぬ太陽」

昨日、渡辺謙主演映画「沈まぬ太陽」を観て来た。 11月1日、ファーストデーで映画が1,000円で観られるということもあったのだろう、TOHOシネマは屋外まで続く長蛇の列がチケットブースに出来ていた。それに2週間限定公開というマイケル・ジャクソンのTHIS IS ITが公開になっていることもあったのかも。 とにかく9時15分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本人志「しんぼる」面白かった

今日公開の映画「しんぼる」。ダウンタウンの松本人志・第2回監督作品ということで、公開初日1回目の上映に行ってきた。 8:30~ 早朝・雨の天候で人はまばら。 マスコミを通じてもほとんどその内容に関しては伝えられていない「謎」の映画。 メキシコで、あるプロレスラーが、年齢1回りも下の若いレスラーと試合をするシーン。冒頭シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リチャード・ギア主演「HACHI」観たけれど・・・

忠犬ハチ公物語をアメリカ版にリメイクした映画「HACHI」を観てきました。フジテレビ開局50周年記念の映画らしい。忠犬ハチ公物語なら、日本人のほとんどが知っている話し、馴染み深い。それだけにアメリカ版リメイクでリチャード・ギアがどのように演じているのか、結構楽しみでした。 けれど、なぜか「吹き替え版」しか上映していない。近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「天使と悪魔」観ました

5月15日から公開されたトム・ハンクス主演映画「天使と悪魔」を早速観てきた。 3年前に公開された「ダヴィンチ・コード」の続編とも言われている本作は、最新科学と宗教との対立を描いたストーリー。 前作は原作の小説を読んだ直後に映画を観たため、 「原作とストーリーが違う」だの、「展開が雑すぎる」だのといろいろ気になった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィル・スミス「七つの贈り物」観ました

今日から公開のウィル・スミス主演「七つの贈り物」を観てきました。「あなたなら受け取れますか-」というキャッチコピー。予告編を見ても、何だか今ひとつピンと来ない。 ベン・トーマスの秘密・・・・。 ベンは見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げる。そんな計画を進めていく。 なぜ?選ぶのはなぜ7人? ・・・そしてベンの秘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

劇場版「Xファイル・真実を求めて」

昨日から公開になっているXファイル劇場版「真実を求めて~I want to believe」を観た。テレビシリーズ終了から約6年、懐かしいモルダー・スカリーのコンビが戻ってきた。 今でこそアメリカのテレビシリーズが大人気で、いろんな番組が日本でもDVDで楽しめるが、その原点とも言えるのがこのXファイル。24 Twenty Fo…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「イーグル・アイ」観ました

今日から公開の映画「イーグル・アイ」。8月に「ハンコック」を観た時の予告編を観てからずっと楽しみにしていた映画だ。 突然見知らぬ女性の声で携帯に電話がかかってきて、指示を受ける。巧妙に仕掛けられた秒単位の逃亡シナリオ。携帯の女性の声の正体は?目的は? サイバーテロの予感はプンプンしていたが、まさかあんな結末とは思わなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インディ・ジョーンズ」先行上映行ってきました。

6月21日に公開されるハリソン・フォード主演の最新作「インディ・ジョーンズ、クリスタル・スカルの王国」。一週間早く先行上映に行ってきた。 私が行ったのは21:00上映開始の回だったが、シネコンの場内は開場を待つ人で大混雑していた。チケットブースもグッズストアも長蛇の列。 さて、インディ・ジョーンズを見た感想だけれど、もう何で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「クローバーフィールド」見たけど・・

今日公開の映画「クローバーフィールド」。映画館での予告でも、一切タイトルは表示されないし内容にも触れず、謎とされてきた映画だ。与えられる情報は、ニューヨークの街が破壊される、ということだけ。それ以外は何の情報もない。 早速見てきた。 意外に劇場は空っぽ。ほとんど人は入っていなかった。 さて、正直に感想を言う。私の個人的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「NO COUNTRY」見ました

日曜日、アカデミー賞受賞で話題になっている映画「No Country」を見て来た。コーエン兄弟監督・脚本。原題は「No Country for Old Men」。 封切り直後というのに、劇場は半分も入っていなかった。あまり興味がないのか、それとも同時に上映されている「クロサギ」の人気振りに隠れてしまっているのか。 詳しいスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バンテージ・ポイント」見てきた

昨日(3月8日)公開になったバンテージ・ポイント(Vantage Point)を早速見てきた。スペインで米大統領が狙撃されるという事件を8人の関係者たちの視点から捉えて真実に導くというストーリーだ。 最近は上映時間が2時間を越える映画が増えている中、この映画の上映時間は約90分間。しかし短さは少しも感じさせない映画だった。というよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

離人感、頭痛と喉の違和感、そして「半落ち」

どうも頭痛と喉の違和感が改善しない。一日中、ボンヤリした頭痛が続き、喉もとの違和感も強くなってる感じがする。 今日は、午前中に予約してあった健診に出かけ、その帰りにメンタルクリニックに寄った。痛み止めと筋弛緩剤を処方してもらい帰ってきた。 診察で主治医に、先週金曜日に言われた「離人症」について質問した。 「離人症につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ボージョボー人形mini、BO JO BO WISHING DOLL

先日にも書いたボージョボー人形。いつだったか、最近の日テレ番組「ラジかるっ!」内の通販番組「ポシュレ」でも紹介されてました。クリスマス特別バージョンとかで、人形のスカートが赤と白の二色で出来ているものでしたが、何気なくポシュレの通販サイトを見たら、即完売になってました。やはり今でも根強い人気があるようだ。 http://www.2…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

木村拓哉 主演映画「HERO」観てきました

今日公開の映画「HERO」を観てきた。2001年1月~3月にフジテレビで放送されたテレビドラマ「HERO」の映画化である。主演は木村拓哉。 木村扮する検事・久利生の型破りで真っ直ぐな姿を描いたストーリーが魅力だ。 実を言うと私は日本のいわゆるトレンディドラマというものが嫌いでほとんど観たことがない。非現実的だし、見ていて「そ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ブルース・ウィリス主演「16ブロック」

ずっと前から見たいと思っていた映画「16ブロック」。ブルース・ウィリス主演の映画で、2006年公開のもの。 ニューヨーク市警のジャックは徹夜の張り込み明けに、留置場の囚人エディを裁判所まで護送するという任務を言いつけられる。留置場から裁判所まではたったの16ブロック、118分もあれば済む任務のはずだった。 護送の途中で酒屋に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダイ・ハード4.0」先行上映見てきました

6月29日に世界同時公開されるブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード4.0」。今日一日、先行上映されている。 実は私は旧作のダイ・ハードはきちんと見たことがない。テレビ放映でチラッと見た程度。あまり興味はなかった。 でもブルース・ウィリスは好きだし、最近あまり映画を観ていないので見に行くことにした。 今回のストーリーはサ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

映画「ゾディアック」観てきました

映画「ゾディアック(Zodiac)」が、6月16日から公開されている。「ゾディアック」というアメリカでの殺人事件を以前にテレビで見たことがあった。40年くらい前に起こった実話を元にしているらしいが、最近になってまた「ゾディアック」を名乗る犯人からの声明文が届けられるという事件が発生しているといったテレビ番組だったと思う。結局、最近になっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

松本人志 監督映画「大日本人」観てきた

今日から公開の松本人志 第1回監督作品「大日本人」を観てきた。松っちゃんの人生に対するストイックな考え方が好きで、出演するテレビ番組はよく見ているが、映画はどうなんだろって思ってた。 カンヌ国際映画祭で評判が良かったとの報道もあったし、まずは観ておこうと思った。 正直言うと、見終えたときの第一感想は「くっだらねぇ~(笑)」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「それでもボクはやってない」

私はあまり日本の邦画を見るほうではない。でも、この映画「それでもボクはやってない」は観たいと思っていた。 警察の取調べと言うものは、自分たち警察にとって都合の良い調書しか作成しないことを、私は身を持って経験した。いくら自分の真実や事実を述べたとしても、警察にとって不利な証言は調書にならないのだ。 この映画を観て、あの頃自分が…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

「第23回★今年の映画オブ ザ イヤー」について

「第23回★今年の映画オブ ザ イヤー」について 個人的に今年観た映画で一番記憶に残っているのは、「明日の記憶」。ちょうど同時期に会社でいろいろなことがあって神経症にかかり、気分が落ち込んでいるときに観たこともあってか、映画館に何度も足を運んで涙流しました。渡辺謙と樋口可南子が良い演技をしていて、観ているうちに映画を観ているという感覚か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「父親たちの星条旗」と自分の人生

今日、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」を観てきた。内容についてはCMなどで有名なのでここでは触れない。 私は戦争映画を好んで観るほうでもないし、戦争について考えたことのある人間でもないと思う。ただ、いろいろな人たちが「この映画は観ておいたほうが良い」というので、素直に従ってみようと思ったのがきっかけだ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more