テーマ:自殺

精密検査した方が良いのかな

先週、主治医に会いに行ったときに、いろいろと最近の身体の調子を伝えた。 2月にサウナで人生初めての失神をしたことに始まり、先日は左足の感覚がおかしいと思う経験をした。何だか斜面に立っているような感覚がして、歩くときに左足が思ったより早く地面につくような感じ。あ、ここは斜面かな、と思って足元を見ると、普通の平地で驚いた。 何て…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2割の成人男女「本気で自殺、考えたことある」

朝日新聞の配信によると、内閣府の調査で成人男女の2割が「自殺を本気で考えた」ことがあると発表した。まずはその記事を引用する。 ********************************************************** <自殺意識調査>成人男女の2割「本気で考えた」 内閣府 5月16日19時38分配…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「生きてる」ってどういう感じだっけ?

今日は約1ヶ月ぶりに主治医に会う日だった。今回から完全予約制のクリニック。5分程度しか話しは出来ない、と聞かされていたけど、30分話し込んだ。 月曜のこと。急に身体の平衡感覚がなくなるような感じがして、「あの」サウナで失神したときのような体験をした。二日酔いのような、乗り物酔いのような胸の悪さが一日中続くようで、体調が決して良いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOST season 3 見終えて

海外ドラマ「LOST season 3」を最終話までレンタルして見終えた。LOSTはThe X-Filesや24 Twenty Fourと同様、アメリカで放映されている大人気ドラマのひとつ。最新シーズン3が2月20日ですべてレンタルになった。 LOSTは、ある無人島でのストーリー。オーストラリアからアメリカのロスへ向けて飛び立った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いのち」を考える・・・西村議員

西村真悟議員の公式ホームページによると、2月2日(土) 15:30~放送の東北地方ローカルテレビに出演したそうだ。いわてめんこいテレビの番組で、「いわてのいのちを考える。あなたは一人ではない。」とある。 西村さんの長男・林太郎さんが転落死し、西村さん自身かなり自分のことを責めたんだろう。責任感の強い方だから、長男を失った無念の気持…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サウナで失神

昨日はまた関東で雪。あまりの寒さにサウナで身体を温めようと思い、とあるサウナへ。 まず風呂で身体を温めたあと、サウナへ。すると座ってすぐに全身の血が、す~っと下がっていく感じがした。 「なんだ、この感覚は・・・。ちょっと体調が悪いかな・・・・。」 そう思った次の瞬間には二人の人に両腕を担がれて「大丈夫ですか。」と声が聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東で2年振りの大雪

今朝、6時半に起きて外を見たら雪が降っていた。もう結構な積雪量。テレビをつけると「関東で2年振りの大雪」と報道されている。 雪はいったん昼間に雨に変わったものの、午後にはまた雪になり、一日中降り続いた。電車などの交通機関も乱れ、いつものことながら首都圏の雪に対する脆弱性を強く感じる。 昨日、いつものクリニックに通院。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ!西村眞悟議員

衆議院議員・西村眞悟議員の長男・林太郎氏が赤坂議員宿舎の20階ベランダから転落死した。当日のテレビではニュース速報を始め、終日ニュース番組で大きく取り上げられた。 昼過ぎには西村議員本人がマスコミの前で手記を読み上げ、林太郎氏が昨年末から強度のうつ状態にあったことを発表した。 ⇒ http://www.n-shingo.com/c…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

西村眞悟衆議院議員の長男、転落死

1月9日の昼前にニュース速報で流れた西村眞悟議員の長男・林太郎氏(26)の転落死。当日のニュース番組ではずいぶん大きく報道された。 私は西村議員と何度か面識があるので、ニュース速報を見たときにはとても驚いたし、心配したが、努めてここに書き込むことを避けてきた。西村議員に何と声を掛けていいのやら、思い浮かばない。マスコミによる報道で…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

「自分の愛し方」が分からない

先週のテレビ朝日「オーラの泉」、ゲストは秋吉久美子だった。彼女は「自分を褒めるとか、自分を愛する、ということの意味が分からない」と話した。 すると国分太一が「僕なんかめちゃめちゃ自分のこと、俺って頑張ってるな~、って思いますよ」と言っていた。 私も、分からないんだよなー。こういう感覚。 自分のこと、好きだとか、愛している、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず精一杯生きている

今日は、久しぶりに知人たちと楽しく飲んだ。一人で考えることが多い毎日だけれど、久々に楽しかった。 電車で帰宅する途中、友人と自殺について口論になった。帰りの電車の行き先を間違えて乗ってしまい、帰宅途中にまた飲み屋に入って1時半まで飲み明かした。 私は自殺は仕方ないと思う。でも知人は絶対にいけないことだと言い張った。自殺したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きている、ということの価値

もし誰かが「死にたい」と相談をしてきたら、どうするだろう。 「生きていれば、いつかはいい事があるよ。」と言って、「だから自殺はやめなさい。」と説得するのだろうか。 けれど、死にたい、自殺したい、と苦しんでいる人にとっては「生きていてもいい事なんかない」と思っているから死にたいのであり、何の説得にもなってはいない。 もしもこ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

きたやまおさむゲスト、大竹まことゴールデンラジオにて

文化放送、大竹まことゴールデンラジオのメインコーナー「大竹のメインディッシュ」は精神科医きたやまおさむがゲストだった。テーマはうつ病について。 20分ほどのコーナーで、うつ病とはどんな病気なのか、本人はもちろん周囲の人はどう対処したら良いのか、について話した。 うつ病は真面目な性格の人がかかりやすい病だと言われている。仕事で…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

自殺したいと相談されたら、あなたならどうするか?

誰か知ってる人から、あるいは知らない人からでも、ある日突然「自殺したい」と相談を持ちかけられたら、あなたならいったいどうするだろう。多くの人なら「自殺はいけないことだ」とか、「ご両親が悲しむから」と言って、「だから自殺はやめなさい」と言うことが多いだろう。 けれど、そういう説得は自殺をしたいと思っている人にとっては何の意味ももたな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

異端がどんなに素晴らしいか

今日(6月21日)放送の大竹まことゴールデンラジオより、今日の「大竹紳士交遊録」というコーナーは映画評論家のおすぎがゲストコメンテーターだった。 いつもは映画に関する評論を話すことが多いけれど、今日は「異端(児)であることが、どんなに素晴らしいことか」について話していた。 おすぎは自ら公言しているように「おかま」として芸能界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松岡農水相の自殺

昨日の衝撃的な松岡農水相の自殺から一夜。それに加えて人気グループZARDの女性ボーカリストの転落死が起こって、ニュース番組、ワイドショー番組ではその話題でいっぱいだ。 今日のラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ」でもリスナーから受け付けたメールのテーマは人の死についてだった。 あるリスナーから寄せられたメールに、「自殺を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺未遂から一年・・・

会社での嘘ばかりつく上司に対する不信感や、それまで仲の良かった所長から何の根拠もなく嫌がらせをしていると決め付けられたショック。それらが自分の中でどんどん増幅していって自分で自分を追い詰めていたと思う。 今から思うとなぜあんな精神状態だったのか分からないけれど、あの当時は間違いなくすべてに行き詰まっていた。 ちょうど一年前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオでメールを読んでもらえた

今日は青空が広がって涼しい風が吹いている。良い天気だ。部屋の窓を少し開け、午前中は部屋の整理をした。 午後は1時から毎日日課として聴いているラジオ「大竹まこと ゴールデンラジオ」を聴いた。このラジオ番組は1時から3時半まで月曜から金曜まで毎日放送されている番組。もともと私は大竹まことのファンなので、これを欠かさず聞くようにしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜の夢は最悪の夢だった

昨日、夢を見た。 以前勤めていた会社での嫌な思い出のフラッシュバック。 上司や総務課長との言い争った過去の記憶が夢の中で再現された。 当然、目覚めは最悪だった。 その日一日気分が悪い一日だった。 歳を重ねるってことはこういうことなんだろうか。 過去の嫌な思い出と一生付き合っていかなければならないのだろうか。 なんであんな会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

派遣で働くもんじゃない

神奈川労連も弁護士も、会社も友人も、どいつもこいつも誰も信用できなくなった。結局みんな自分が金儲けすることしか考えてない。気に入ったことしかやらない。そんな奴らばかり。 今日は弁護士と打ち合わせだった。先週の金曜日に会社側から新たな金額の金銭和解案が提示されたという。私は最初から金銭和解などするつもりがない。来月以降も今まで通りこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

身に覚えがないのに「また」疑われた

今日の昼前、会社で所長から内線電話がかかってきた。「所長室に来てくれ」とのこと。何だろう???何の覚えもないけれど、「また」嫌がらせメールが届いたとか、そんなことだろうな~・・・。容易に想像はついた。それくらいしか今更所長に呼び出される覚えがないから。 念のため、どんな話しの内容になるか分からないので、ポケットにはICレコーダーを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正義は勝たない

会社の不正を正そうとして労働局に申請した。不正は認められて会社に行政指導が入った。 上司の心もとない数々の嘘の発言が互いの人間関係を破壊し、顧客からの信用も失い始めている。会社のヘルプラインに調査を申し入れたが、ダメだった。 なのに派遣と言う身分を利用して雇い止めされるのは私のほうだった。 正義は組織に対しては歯が立た…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

年間の自殺者数について

さっき、何気なく見ていたテレビ番組で「年間で自殺によって亡くなる人は約32,500人に上る」と言っていた。実に毎日90人もの人たちが自殺と言う手段で亡くなっている計算になる。 数字と言うのは恐ろしいもので、 「年間自殺者32500人」と書くと、たいしたことないように感じてしまうが、 「毎日90人が自殺で死んでいる」と書くとそん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「それでもボクはやってない」

私はあまり日本の邦画を見るほうではない。でも、この映画「それでもボクはやってない」は観たいと思っていた。 警察の取調べと言うものは、自分たち警察にとって都合の良い調書しか作成しないことを、私は身を持って経験した。いくら自分の真実や事実を述べたとしても、警察にとって不利な証言は調書にならないのだ。 この映画を観て、あの頃自分が…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

死んで楽になってしまいたい

今日は2回目の会社との団体交渉だった。労連と会社との間で激しい意見交換が行われたが、お互いの歩み寄りには至らなかった。 団体交渉のあと、労連の方たちと打ち合わせて、その後メンタルクリニックへ向かった。 何だかこの先が本当に不安に感じてきて、頭痛・喉もとの違和感がしてきた。いろいろ主治医とは話しをした。 主治医は「会社と…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

生きる価値って何だろう

今日も朝からボワーンと頭痛がする。午前中買い物に外出したけれど、めまいも少しした。つらい。 昨日会社の先輩に付き添ってもらってクリニックまで行き薬を処方してもらったけれど、自分には変化がないように思う。相変わらず生きているのがつらくて苦しい。自殺することばかり考えている。 自殺したらどうなるかな。誰か会社の人は喜ぶんだろうか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生きてる価値がないという思い

昨夜遅くから、精神的に不安定になった。昨日の会社との団体交渉で、言いたいだけ会社が私の非難を浴びせてきた。 その言葉がグルグル頭の中をめぐってきて、最初は怒りに満ちていたのに、今度はどんどんマイナス思考に落ちてきた。 自分にはひとつも良いところはないのか? 自分と言う人格を全否定されたような感覚 だんだん虚しくな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自殺のどこが悪い??

私は中学生の頃から自殺願望者である。いったい何のためにつらい思いや苦しい思いをしながら、行き続けなくちゃならないのか、ずーっと疑問に思ってきた。 「自殺はいけないことだよ」 「自殺すると成仏できないよ」 「自殺すれば来世でも同じ苦しみを味わうんだ」 どれも答えになっていない。今こうして生きていることがつらく苦しいのだ。そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最終手段は自殺

昨日の会社との話し合い(実際には話し合いにはなっていないが)で、何が何でも私を解雇したい意向が色濃く見える。来年の4月以降は絶対に雇用しない、という意思のようだ。 今回の提案書が出てきたことで、それが形になって現れた。ここで裁判になれば、会社側の「解雇したい意思」がどんどん明確になるだろう。 万が一、裁判で敗訴するという結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンタル主治医のアドバイス

今日、二週間に一度のメンタルクリニック通院の日だった。かなりの暴風雨の中、待合室にはいつもより多めの患者さんたちが自分の順番を待っていた。 自分の名前が呼ばれ診察室に。「どうですか」と主治医に聞かれ、会社との係争中のことで非常に精神的に疲れること、そしてあまりに疲れてしまい生きているのがいやになること、を正直に話した。後悔はしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more