巾着田・曼珠沙華の群生

埼玉県日高市にある「巾着田」。
高麗川がその名の通り、巾着のような形で流れている。地図で見たら、本当に巾着の形をしていてびっくり。

この時期、巾着田は曼珠沙華の群生で有名らしいので、今朝早くに出かけてきました。

画像


今年は長く続いた猛暑の影響で、発芽・開花が10日ほど遅れているそう。今朝で「二分咲き」程度とのことでした。

駐車場に車を停め、曼珠沙華公園へ。

するとまだ蕾の状態の曼珠沙華がほんのり赤い色をして群生していました。あと数日すれば満開かな、という感じでしたが、その奥の高麗川近くの群生地区では写真のような見事な赤い絨毯。三脚を構えてシャッターを押すマニアが数人写真撮影をしていました。

別名「彼岸花」とも呼ばれるこの花。このお彼岸の時期になるとポツポツと生えているのを目にしますが、どうも気持ちが悪くて嫌いな花でした。真っ直ぐに伸びた茎には葉っぱがなく、真っ赤な花だけが一輪だけ咲いているし、彼岸花の周辺には他の草花が生えていないから。その光景が何とも気持ち悪い。

けれど、見渡す限りの群生が一斉に赤い花を咲かせている光景は、とても美しいものでした。今月末までの一週間くらいが満開で見頃となるそうです。

画像


巾着田公式サイト http://www.kinchakuda.com/

"巾着田・曼珠沙華の群生" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント