Adobe Creative Cloudの提供を開始

夕方、パソコンを起動したらAdobe Download Managerがアップデートされている、と表示されました。4月からCreative Cloudの年間プランに加入し、月額3,000円支払っています。どうやら新しいバージョンがリリースされたのだろう、と思って指示に従ったところ、以前からアナウンスされていたCreative Cloudのサービスが始まったらしい。

■Adobe、新しい「Adobe Creative Cloud」の提供を開始
Adobe Systems Incorporatedが、「Adobe Creative Cloud」のメジャーアップデートの提供を開始したと発表しています。

Creative Cloudメンバーには、新しいシャープツールや手ブレ補正ツールを搭載した「Photoshop CC」、テキスト上で個々の文字を編集できる文字タッチツールを搭載した「Illustrator CC」、64-bit対応、新UI、Retinaディスプレイ対応、フォント検索を搭載した「InDesign CC」、CSSビジュアル編集ツール、改良された可変グリッドレイアウト機能を搭載した「Dreamweaver CC」などが本日より提供されています。

また、東京リスマチック株式会社、グラフィック、プリントパック、佐川印刷株式会社が新しいCreative Cloudアプリケーションを使った入稿・出力に対応したと発表しています。

この記事へのコメント