ダイハード5

昨日、ダイハード5を観て来ました。

ダイハードは、1~3をリアルタイムで観ていません。1の公開は25年も前のことのようですが、私がブルース・ウィリスのファンになったのは、ダイハードではなく、「アルマゲドン」だったんです。もともと筋肉ムキムキ マッチョを売りにしている俳優は好きではなかったので。

ダイハード5ですが、娯楽作品として最高じゃないかと思いました。

上映時間98分はあっという間に過ぎ、「あ~面白かった」という感じ。

ダイハードなんだから、設定に無理があるだの、現実的じゃないだの、そんなのまったく意味がありません。とにかく開始早々から派手なカーチェイス、いったいどんだけの車を破壊し続けるのか、そんなことして人間が生きていられるのか、など考えてる余裕すらないまま、どんどんストーリーは展開していきました。

そして防護服を着た奴らがチェルノブイリ原発の関連施設らしい場所でクライマックス。特殊なガスで放射線量を瞬時に消し去る場面もあったりして、さすがに「おいおい」とは思いましたが、その頃には正直そんなこともどーでも良くなっていて、ド派手なアクションシーンに釘付け状態でした。

タイトルについている「ラストデイ」の意味が良く分かりませんが、いやいや、とにかく楽しい映画でしたよ。

画像


画像


画像


画像


今年に入ってから、結構映画を観ています。

ブルース・ウィリスのLOOPERS、・・・これはなかなか凝ったストーリーで面白かった・・・・
ヱヴァンゲリヲン「Q」、・・・・あ、これは11月でした・・・・
ted、・・・世界一ダメなテディベア。意外に劇場は満席・・・
ダイハード5
と続き、
次回はやはりブルース・ウィリスの「G.I.ジョー」です。

この記事へのコメント