iPhone 4 のソフトウェアをiOS4.1に更新

一年半前に購入したiPhone 3Gから今年の7月にiPhone 4に機種変更。購入時のiOSは4.0.1でした。iOS 4.0.1からiOS4.1が発表されてずいぶん経ちますが、OSのアップはいつも慎重になります。特にiPhoneのソフトウェアは一度アップすると元に戻すことは出来ないのでなおさらです。

しかし、iOS4.1の目玉機能のひとつ、HDR(ハイダイナミックレンジ)カメラが気になる。iOS4.1.xが出る様子もないし、そろそろアップしても良いかなと思い、更新することにしました。

iTunesで更新を開始すると、iOS 4.1のダウンロードサイズは589.9MB、ダウンロードにかかる時間は33分と表示されます。更新作業中にトラブルが発生しないことを祈りながら待ちます。実際にはダウンロードは15分くらいだったと思います。

ダウンロード終了後、iTunesが自動的にiPhone 4への更新作業を開始。iPhone 4を再起動、更新、最後に再起動して無事に終了。iOS4.1に対応するiMovie(バージョン1.1)も更新されました。

画像

更新が終了したiPhone 4には新機能のひとつ「Game Center」アイコンが追加されていました。iTunesアカウントを使って世界中の人とゲームが出来るらしい。iPhoneでゲームを今のところする予定がないから、あまり興味がないけど。

カメラを起動すると画面の上部真ん中に「HDRオフ」というアイコンが追加されていて、HDRのオンオフが出来るようになってます。デフォルトではオンになっている模様。今後iPhone 4で写真を撮る機会が増えることになるでしょうか。

早速HDR機能を試してみました。

■HDR機能オフで撮影した写真
画像

■そしてHDR機能オンで撮影した写真
画像

空の青さ、中央部に映っている住宅の露出を見ればHDRの凄さが明白ですね。(HDRでは、異なる露出の写真を一度のシャッターで3枚撮影し、自動的に見栄えの良い写真に合成する機能らしい。)
特に空の青さは、リバーサルフィルムで撮影したかのような印象的な色に撮れています。これが好きか嫌いかは人それぞれなんでしょうが、写真で撮った空の色ってきれいに撮ることが難しく、露出調整の効く一眼レフカメラなどでなければこの青さは出しにくいもの。それがiPhone 4 iOS4.1があれば簡単に撮れるのはさすがと言える。

まだiPhone 4でiOS4,1にしていない人は、是非アップしてはいかがですか。

この記事へのコメント