iPhone 3GからiPhone 4へのデータ移行方法

一年半使い続けたiPhone 3G。iPhone 3GSの発売で我慢して、iPhone 4に機種変更しました。さすがに初代iPhone 3Gに比べると動作が速いし使い勝手は快適ですね。

さて、機種変更のときに一番気になったのは、今までのデータの移行。

ソフトバンクから届いたSMSや携帯メールが引き継がれるのか、本体に蓄積してある写真はどうなるのか、ってこと。携帯電話の機種変更では(以前のau携帯では)メールデータは引き継げなかった経験をしました。

結果から言うと、iPhone同士のデータ移行は至って簡単でした。Apple社のサイトでもデータの移行方法に付いてはpdfデータで公開されているので参考にしてもらうとして、ここでは実際の手順などについてまとめておきます。

まず、iPhone 4は、対応するiTunesのバージョンが9.2以降であるため、パソコンのiTunesを最新の9.2.1に更新。自分のパソコンではバージョンアップに15分ほどかかりました。

次にiPhone 3Gを接続し、自動的に開始するバックアップで、データをバックアップ。自動的に開始しない場合は左側のウィンドウに表示されるiPhone 3Gのデバイスを右クリックしてバックアップを選択します。

その後新しいiPhone 4を接続すると、バックアップしたデータを復元するのかどうかを選択するように聞かれるので、バックアップデータを復元するように選択。

作業はこれだけです。

データの移行後にiPhone 4のホーム画面アイコンが配列が変わってしまい驚きましたが、それ以外、SMSもすべて引き継がれていたし、電話の着信履歴も移行できていて、特に問題はありません。ただし、携帯メールについては、パスワードだけが引き継がれないため、設定画面でパスワードを手入力してからでないとメールは引き継がれませんでした。

それにしてもiPhone 4は動作も速くて快適です。一部で騒がれているアンテナの電波障害ですが、自分の場合は今のところ特に発生していません。左手でギュッと強く握らないと発生しないとも言われていますが、傷防止のたケースに収めてしまえば良いのでは。

この記事へのコメント