最近のCDショップに思うこと

自分の住んでいる街のCDショップ。その売り場面積が小さくなっている。iPodや携帯電話などで自由に音楽を聴くスタイルが普通になって来て、その音楽もCDを購入するんじゃなく、一曲単位でネットからダウンロードして持ち歩くことが普通になった。

だからかも知れないけれど、CDショップでアルバムを買う人が減っているんだろうか。

昨日も上田正樹のCDを買おうと出掛けたら、いつも行ってたショップの売り場面積が半分になっていた。

ネットからダウンロードしてiPodで聴くことも悪くはないんだけど、やっぱり気に入ったCDは購入したい派です。流行の一時的なヒット曲の場合ならダウンロードして・・・って聞き方もアリだけど、それじゃやっぱり「使い捨て」的な感じがしてもったいないな~。

CDも今やAmazonから買うことが普通になってきているし、街のCDショップって消えて行くんだろうか。

この記事へのコメント