マイケル・ジャクソン「This Is It」

まったくマイケル・ジャクソンには興味がなかった。でも一度は見ておこうと心に決め、映画館に向かった。
This Is Itを見るために。

画像


知ってる曲といったら、スリラーやBeat Itくらいなもの。それ以外はスキャンダルや奇行のイメージしかない。

けれど、スクリーンで映るマイケルは普通の人間だった。

いや、そのダンスには度肝を抜かれた。

ステージで一緒に踊るダンサーは、筋肉モリモリで、力で踊っているという感じなのに、マイケルは力が入っていない。軽やかに踊っている。2時間、ただただそのダンスの凄さに驚いた。



でも、
今もマイケルが生きていたとしたら、こうして認められていたのだろうか。突然死という形でこの世を去ったからこそ、こうして功績を認められているんじゃないのか。

人の「死」って、そういうことなんだろうか。死ねばすべてがキャンセルされる。多くのスキャンダルで取り返しのつかなくなったマイケルが「死」によって、それらをキャンセルしたような、そんな気がするのは、私だけ??





マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定/特製ブックレット付き) [Blu-ray]
Sony Pictures Entertainment

ユーザレビュー:
さすがマイケル!映画 ...
限定とかやめて〜メモ ...
スチームケース 良い ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント