アップル iPod nanoとiPod touch発表

2008年9月10日、日本時間の午前2時に第四世代となる新型iPod nanoと第二世代iPod touchを発売した。ネットで「情報の流出」と噂されていた通り、nanoは第二世代までと同様の縦長タイプとなった。第三世代でずんぐりボディになったのが賛否両論あったと聞くので、縦長復活というところか・・・。
以下にネットでのニュース記事を転記しておく。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


アップルは2008年9月10日、デジタルプレーヤー「iPod」を一新して、「iPod nano」2モデルと、「iPod touch」3モデルを発表した。直営オンラインストアの「Apple Store」や取扱店で順次発売する。

 希望小売価格は同日発売の「nano」8GBモデルが1万7800円、9月中旬発売の16GBモデルが2万3800円。同下旬から発売される「touch」は8GBモデル2万7800円、16GBが3万5800円、32GBモデルが4万7800円。

 第4世代となる「nano」は、ボディを高さ90.7mmの縦長デザインに変更し、厚さは6.2mmのiPod最薄。アルミニウムとガラスを使った曲線的なデザインで、2インチの縦長ディスプレイを搭載する。

 加速度センサーを内蔵し、回転させるとジャケット写真をパラパラめくる感覚で曲を選べるカバーフローモードに加え、シェイクすることで曲をランダム再生するシャッフルモードを備える。1回の充電で音楽なら最大24時間、ビデオなら最大4時間の再生が可能。カラーバリエーションは9色。

 第2世代となる「touch」は、鏡面仕上げの背面がやや丸みを帯び、iPhoneに近付いた。音量コントロールボタンと内蔵スピーカーも搭載する。マルチタッチ対応のディスプレイは3.5インチワイド。802.11b/g無線LANに対応して「iTunes Store」や「AppStore」から直接楽曲やアプリケーションを購入できる。

 バッテリー駆動時間も延長し、最長36時間の音楽再生、同6時間の動画再生が可能。ナイキの対応シューズと連動する「Nike + iPod」機能を標準搭載。別売のセンサー(直販価格2200円)をセットして、touch本体に走行距離を記録したり、最新のジム用フィットネス機器とシンクできる。


画像
シルバーモデル。クリックホイールが黒色となった。

画像
全9色のカラーバリエーション。

画像
やはり縦長のほうがスリムで格好いい。

画像
スピーカー内蔵となった第二世代iPod touch。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

また、同時にiTunesのバージョン8もリリースした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック