「今日もどこかで」小田和正・横浜アリーナに行きました

現在全国ツアー中の小田和正「今日もどこかで」。8月12日・13日は3ヶ月ぶりの横浜アリーナだ。1日目のライヴに行って来た。

開演19:00で始まったステージは「こころ」からスタート。最初から開場に設置された「花道」を縦横無尽に走り回る小田さん。少々声がかすれているかな、と心配になったが、後半になるにつれ、あの高い声が響き渡った。

今回のライヴで一番驚いたのは、オフコースのデビュー当時からの活動を振り返りながら、デビュー・アルバムの曲や、オフコース時代の懐かしい曲をたくさん演奏してくれたこと。

「倖せなんて」は生で聞くのは多分初めてだったし、「僕等がいた」はオフコース解散騒動なんてことがあった高校生の頃を思い出したりして、その詩に自分の不安な将来を重ねたりしていたことも脳裏をよぎったりした。

「ダイジョウブ」が終わったのは21:30。すでに2時間半も過ぎていたが、二度のアンコールに応えてくれ、終わったのは22:00をまわっていた。すごいライヴだった。

セットリストは以下の通り。



こころ
正義は勝つ
愛を止めないで
伝えたいことがあるんだ
Re
僕らの街で(KAT-TUN提供曲)
いつかどこかで
たしかなこと
*秋の気配(MCの流れでさわりのみ)
夏の日
僕の贈りもの(開場と一緒に合唱)
地球は狭くなりました
水曜日の午後
倖せなんて
愛の唄
さよなら
言葉にできない
今日もどこかで
--御当地紀行ビデオ--
NEXTのテーマ ~僕等がいた
Yes-No
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ(観客席に入り一周)
そのままの君が好き
時に愛は
風のようにうたが流れていた
東京の空
ダイジョウブ

<アンコール1>
真夏の恋
またたく星に願いを
君住む街へ

<アンコール2>
YES-YES-YES
今日もどこかで(開場と合唱)
MY HOME TOWN



まだCD化されていないけれど、私は「東京の空」という曲が好きだ。

8月23日・24日は札幌。2日目のチケット先行抽選に当選し、実家の両親にプレゼントした。父に自己ベスト1と2をプレゼントしたら、唯一知っている「さよなら」「言葉にできない」そして「ダイジョウブ」を車の中で繰り返し聞いている。昨日の横浜とセットリストが同じなら、3曲とも生で聞くことが出来るだろう。特に保険会社のCMで流れる「言葉にできない」が好きなようで、「あの曲入ってるCDは持ってるか?」と聞かれたことがあった。


今日の横浜最終日は、そろそろアンコールが終わる頃・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック