食肉偽装、もううんざり

岐阜県の食肉販売店「丸明」でブランド和牛の飛騨牛を偽装表示していた問題で、社長と従業員が小競り合いしている様子が報道されている。偽装は社長の指示だったと言う従業員の主張に対し、社長は「知らなかった。従業員の勝手な判断だった」とマスコミの前で発言していた。

しかし今日になって、県と農水省による調査に対し社長が自らの指示を認めていたという内容の報道が流れた。

もうどうでも良いんじゃない?
格下の牛肉を飛騨牛だと偽装して販売していたことが発覚した、その時点で、もうそこの牛肉は買いたくない、買わない、食べない。それで十分だ。

それが社長の指示だっただの、販売員の勝手な判断だっただの、どっちでも構わない。もちろん犯罪としてすべてを明らかにする必要はあるけれど、マスコミが鬼の首を取ったかのように犯人探しをするような報道は必要ないと思う。

僕らはそこの肉はもう食べない。信用出来ないから。

それだけで十分だと思う。最近のマスコミ報道は行き過ぎじゃないかと思うことが多い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック