「生きてる」ってどういう感じだっけ?

今日は約1ヶ月ぶりに主治医に会う日だった。今回から完全予約制のクリニック。5分程度しか話しは出来ない、と聞かされていたけど、30分話し込んだ。

月曜のこと。急に身体の平衡感覚がなくなるような感じがして、「あの」サウナで失神したときのような体験をした。二日酔いのような、乗り物酔いのような胸の悪さが一日中続くようで、体調が決して良いとは言えない。

「サウナでの失神は、即命取りにつながるので危ないですが・・・。よく医者が言うのは、様子を見ましょう、って言いながら何にもしないのがありますけど。」

と主治医が言った。けれど、

「この体調がいつから続いているのか、どうも自分でも記憶がはっきりしなくて、変化点がどこにあったのか分からないので様子を見ましょうってことにしかならないのも理解できます。」

と私は答えた。そして、

「前職の頃の記憶も何だか最近はっきりして来なくなった。」

て伝えたら、主治医がこう言った。

「例えが間違っているかも知れませんが、前から私が何度か言ってるように、あなたは現実感というものがなくて、頬をつねって夢じゃないことを確かめるように、生きているという感覚を確かめたくて会社と争ってみたりするんじゃないでしょうか。」

あ~・・・、やっと自分のことを分かってくれる人がいた。そんな気がした。

生きてる、ってどういう感じだっけ?
幸せ、ってどういう感覚なんだろ?

ピンと来ない。

そう言えば、自殺をしたとき、自分が生きてるのか死んでるのかを確かめるような感覚だったかも知れない。

生きているという現実感がない。離人症ってやつらしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック