「いのち」を考える・・・西村議員

西村真悟議員の公式ホームページによると、2月2日(土) 15:30~放送の東北地方ローカルテレビに出演したそうだ。いわてめんこいテレビの番組で、「いわてのいのちを考える。あなたは一人ではない。」とある。

西村さんの長男・林太郎さんが転落死し、西村さん自身かなり自分のことを責めたんだろう。責任感の強い方だから、長男を失った無念の気持ちを世の中の役に立てようという活動へ向けるだろう、という予想はついていた。

私自身、小さい頃から自殺願望の強い人間だから、「いのちが大切だ」とか「自殺がいけないことだ」なんて言うつもりはさらさらない。いのちが重いなんて言う奴に限って、平気で他人の気持ちを踏みにじるような言動をする人が多い。そんな奴に限って自殺した人のことを半年も経てばすっかり忘れ去ってしまう。

他人の気持ちを踏みにじっておいて、「いのちは大切だ」なんて、よく言えたもんだと感心する。

西村さんには、うつ病という病に対する世の中の偏見をなくすために尽力してもらえたら・・・・と思う。うつ病だと言うだけで「弱い人間だ」「問題のある人間」という色眼鏡で見られる世の中は息苦しくて生き苦しい。

いわてローカルの番組は見ることが出来なかったけれど、どんなことを話したんだろう。気になる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2極化の果てに

    Excerpt: 昨夕、東京で痛ましい心中事件が起きた。 報道では中国製品に押されて売上が減少したせいだと言う。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-02-12 10:09