関東で2年振りの大雪

今朝、6時半に起きて外を見たら雪が降っていた。もう結構な積雪量。テレビをつけると「関東で2年振りの大雪」と報道されている。

雪はいったん昼間に雨に変わったものの、午後にはまた雪になり、一日中降り続いた。電車などの交通機関も乱れ、いつものことながら首都圏の雪に対する脆弱性を強く感じる。

画像

昨日、いつものクリニックに通院。

喉の違和感は変わり、常に感じていた違和感が周期的に感じるようになったことを主治医に報告した。可能性は低いとは言いつつも、実際に喉に疾病を抱えていないとは言えないとのこと。機会があれば胃カメラの検査を受け、ついでに咽頭に異常がないかを調べてもらったら良いとアドバイスを受けた。

主治医に相談したいことがあったので、最後に相談してみた。

西村真悟議員の長男・林太郎さんの転落死についてだ。先日、1月23日の昼の番組「
ワイドスクランブル」で山本晋也が西村議員に林太郎さんの件でインタビューをするという番組内のコーナーが放映された。20分くらいのインタビューだったが、西村さんらしい、凛とした話し方で、自身の長男の死について語っているように見えたけれど、見る側の勝手な想像としては、やはりまだ長男の死について消化しきれていないようにも感じられた。

自分の長男を2週間前に亡くし、消化しろ、と言う方が無理だと思う。番組のインタビューでは、やはり「長男が死んだのは自分のせいではないのか、と悩み続けた」と話していた。

今後も西村議員とは、直接会って話しをする機会がこれからもあるだろうと思う。そのとき、私はどう西村議員と接したら良いのか。

「何もなかった」
として接するのが一番良いだろうと私も思う。
けれど、あれだけのことがあって、何もなかったと接するのも寂しいかな、と思う。けれど主治医はこう言った。
「何もなかったように接すれば、気を遣ってくれていると西村さんも分かってくれますよ」
相手に気を遣ってあげる、というのは本当に難しいことだとあらためて感じた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック