DoCoMo SH904iへの不満

今年5月25日に発売になったドコモの携帯SH904i。発売直後に購入し、現在まで使用しているが、とにかく不満が多い。使っている最中から、とにかく別の機種に変えたいと思い続けてきた。

まずキーのバックライト。写真に示すとおり、数字キーのバックライトはあるのに、十字キーやメールキーにバックライトがないので、夜など暗い場所でメールを打ったりするのが非常に不便だ。手探りでキーの場所を探さなくてはならない。
画像


次にキーの反応が遅すぎること。長文のメール(とは言ってもそんな長文ではなく、画面いっぱいに表示される程度の長さのメール)を打っていると、キーの反応が悪くなり、「あ」のキーを5回押したのに、「え」で止まっていたりする。数字入力に切り替え、「905」と入力したのに「95」となって「0」が飛んでしまっている。

メニュー画面から次のメニューに切り替わるタイミングも非常に遅い。

そして日本語変換の頭の悪さ!これにはメールを打っているときにイライラして怒鳴りつけたくなる。例えば「行かないと」と入力したいのに「行かない」までなら変換候補として表示されているのに、最後に「と」と入力した途端変換候補がなくなる。細切れに入力・変換を繰り返さなければならず、とても不便だ。

いよいよ来週から905iシリーズが立て続けに発売される。機種を変更しようと考えているが、もうシャープ端末は懲り懲り・・・。別のメーカーにするつもりだ。

電車に乗っていると、結構シャープの端末を使っている人が多いみたいだけれど、不満は感じないんだろうか・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック