auが通話料1分10.5円の新料金プラン、販売奨励金を選択可能に

KDDIと沖縄セルラー電話は11月12日より、ユーザーがau携帯電話端末を購入する際、端末価格を割引するか、毎月の通話料金を引き下げるかを選択できる新料金プラン「au買い方セレクト」を導入すると正式発表した。これまで利用形態よって料金の不公平が生じると批判があった携帯電話業界の商習慣「販売奨励金制度」の適用を受けるかどうか、ユーザーが選択できるようにする。

販売奨励金制度では、端末価格を大幅に割引してユーザーが容易に新規契約や機種変更を行えるようにし、割引分を毎月の通話料金に上乗せして回収する。上乗せの期間には制限がなく、1つの端末を長く利用するユーザーほど不利になる。携帯電話事業を監督する総務省では、キャリア各社にこうした料金プランの見直しを要請していた。

KDDIと沖縄セルラーは今後、従来行ってきた2万1000円分の端末価格割引をしない代わり、通話料金を最安1分10.5円に引き下げる「シンプルコース」と、以前と同じく端末価格を割引する「フルサポートコース」の2種類を提供する。いずれも新規契約または機種変更の際に申し込める。

シンプルコースでは月額基本料2625円、通話料金が1分10.5円の「シンプルプランL」と、月額基本料1,050円、通話料金が1分31.5円の「シンプルプランS」を選べる。どちらも「誰でも割」などの定期割引サービスと組み合わせて利用できる。ただし、これまで利用料金に応じて取得できた割引ポイントは受け取れなくなる。

フルサポートコースでは同一の端末を2年間継続利用することを条件に端末価格の割引を受けられるほか、従来の料金プランに比べ月ごとに取得できるポイントが2―3.5倍に増える。なお2年以内に解約や一時休止、機種変更をする場合は解除料として6300円―1万8900円を支払う必要がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック