生きている、ということの価値

もし誰かが「死にたい」と相談をしてきたら、どうするだろう。
「生きていれば、いつかはいい事があるよ。」と言って、「だから自殺はやめなさい。」と説得するのだろうか。

けれど、死にたい、自殺したい、と苦しんでいる人にとっては「生きていてもいい事なんかない」と思っているから死にたいのであり、何の説得にもなってはいない。

もしもこうして生きていることに何かの意味があるのだとしたら、その意味が分かっているとしたら、死にたいと考える人は減るだろうと思う。こんなに苦しい思いをしているのに、生きている意味なんかあるのか、生きていることに価値があるのか、と悩み続けていて、いつまで経っても答えが見つからない。だから、意味なんかないんじゃないか、価値はないんだ、って考えて当然なんだと思う。

以前、ある人に「生きている意味は誰にもあります」「生きている価値はちゃんとあるんです」と言われたことがあった。その人は浄土真宗の教えを私に説いて、一生懸命説明してくれたのだが、「極楽はいつでも誰でもほんの一瞬でたどり着くことが出来るのです」ということを延々と説くだけで、「じゃあ具体的にどうすれば楽になれるのか、幸せになれるのか」は、最後まで教えてはくれなかった。

果たして「教えてくれなかった」のか、「教えることが出来なかった」のか・・・。

これじゃあ、算数の問題を出して「答えはあります」と言い、いつまで経っても答えを教えてはくれないことと、何の違いもない。

生物に与えられた遺伝子的な使命という情報は、多分「種を保存せよ」だ。子孫を残すこと。どの生物もこの使命を果たそうとしているのだと思う。

そう考えていくと、「自分の子孫、自分の遺伝子を持った種は保存すべきか」という考えに到達する。

私は、自分という人間が、性格や考え方、生き方を総合的に考えてみて、保存する必要はないと考えている。だからいまだに結婚もしていない。生きていることに意味がある、生きている価値がある、ということは、この種を保存する必要があるか、という考えに置き換えられると私は考えているから。

地球上の人間は、必要以上に増えすぎてしまった、と思っている。人間の生活を快適に過ごすために環境が破壊され、考え方の食い違いから戦いや殺し合いが起こる。だったら人間自ら遺伝子に組み込まれた「生物の使命」を絶ったって良いんじゃないか。私のような人間が種を保存しなくても何も困らないと思うし、どちらかと言えば良い方へ向かう考えだとも言えるのではないか・・・。

そんなこと、考える人はいるのかな。自分だけなんだろうか・・・。

もし誰かが「死にたい」と言ったら、私は何と答えるだろう。きっと「死んでも構わないと思うよ」と答えるだろうと思う。こうして生きていることに意味も価値もあるとは思えないから。そしてその人が自殺してしまったとしても、涙を流して悲しむことはないだろう、と思う。「そうだよな、生きていることに意味なんてないもん」。そう考えるだけじゃないかな、きっと。

この記事へのコメント

人間
2007年07月17日 04:26
私はとめるよ。生きてる意味がわからない時期があったっていいんじゃん。そうやって命を簡単に捨てたりしちゃいけないよ。意味があるから人が生きてるんじゃなくて人がいるから意味もあるんでしょう。意味は自分で造っていくものなんじゃない?そうする中で何のために生まれてきたのかっていうことがわかってくると思うから。それを待って自分の生きていく道を見つけていったらいいと思う。いわれた人は救うだけの力があるんだから助けてあげて。ほんとに死んでいい人は最初から生まれてこないよ。人は愛を感じて愛の道で生きられる。たとえ赤の他人でも同じ人間として捉えたら自分と同じように同じようなことを考えてたりすることがわかる。自分がつらいとき、苦しいとき助けてほしいって思うよね。ちょっとの愛でもあったらいいのにって。それでも助けてもらえなかったとき、生きたいという最後のSOSがこの言葉に含まれて発されているんだと思う。だから助けてあげて。人は自分。人のために生きることによって人は生きていけるんだと思うよ。生きる意味が愛を広げていくことだと考えればみんな大切な存在で生きる義務さえも生まれてくる。みんなに生きる意味はある。
2007年07月17日 10:11
人間さん、
コメントありがとうございます。死んでしまいたい、と誰かに相談されて、決して「死になさい」とは言うつもりないけれど、「生きていることに意味はあるんだろうか」と質問されたら、私は「ないと思う」と答えると思う。人を騙し、陥れ、責任を押し付ける。そんなことばかり世の中には蔓延(はびこ)っていて失望ばかりしちゃうような毎日で、生きる意味は本当にあるんだろうか・・・。誰かに助けて欲しいと言われたら、素直に私には誰かを助けてあげられるだけの力がありません。ごめんなさい。
ゼス
2007年07月18日 00:08
あなたは昔の私にかなり似ているところがある。あなたの今の気持ち、胸をえぐられそうに切ないです。今私は生きる目的を見出し、生まれてきた目的が少し分かり、私の心は永遠なのだと実感で分かり、本当に自分自身のかけがえの無さ、周りにいる人達のかけがえの無さ、を本当に毎日感じています。今「生きていることに意味があるんだろうか」と思うこと自体があなたが生きる意味があることの証だと思う。でもこんなこと言っても心に響かないかもしれない。今のあなたはあなたのことを本当に思ってくれている人の言葉さえ邪魔に感ずるかもしれない。でもそれがいけないのではない。本当のことを求める人が必ず通る道です。こういう時は旅に出るのもいいと思う。新しい出会いが自分自身を発見するきっかけになるかもしれない。
ゼスの続き
2007年07月18日 00:10
おそらくあなたは色々な問題を自分の外に見ているのではないですか。自分のこととして引き受けたとき批判ばかりしてはいられなくなります、きっと。自分の本質を信じて下さい。 周りにいる人がひどい人でも今の自分はその人のせいではありません。自分の人生は自分で決めたのです。もう一度言いますが、心は永遠に生きること(身体が死んでも心は死なない即ち自殺は自分で選択した課題を途中で放棄してあの世へ帰ること、そして来世また同じ課題に取り組むことになる)を納得し、自分に起こる色々な問題を自分の外に見ず、自分の中の問題としてみること、これで私は生き返りました。
2007年07月18日 01:01
ゼスさん、初めまして。
おいくつの方なんでしょう。私は中学生の頃から生きていることの意味についてずっと考えてきました。でも分からないんです。結局意味はないということにたどり着きました。だから結婚もしていません。私自身の種を保存する気がないからです。心が永遠に生きるという意味は理解できますが、今ひとつ信用できません。すいません。自殺すると来世で同じ経験をする、と江原啓之も言いますね。だったら来世に任せても良いかな、なんて考えてしまいます。他人のせいにはしたくないですが、知らず知らずのうちに他人のせいにしているかも知れません。自信ありません。
2007年07月18日 05:26
まず、自分を肯定することからはじめてみるのはどうですか?人生という大きなものではなくて最も身近なものから。結婚しなくても全然かまわないし、そういう人がいてもおかしくないと思います。その考え方も一理あり。ただ、そこをしつこく強調しているところからすると管理人さんは愛情不足ですね。ただそれだけ。周りに愛を与えてくれる人がいないのなら、まず自分で自分を認めることからはじめてみては?それすら嫌だと言うのであれば人生を生きる意味は見つかるはずもないでしょうね。
2007年07月18日 11:08
朝さん、コメントありがとうございます。
昔から自分を否定するクセがあるかも知れません。出来るだけ肯定しようと心掛けているつもりなんですが。自分で選んだ人生、誰のせいでもないですし。昔から友達が少なかった上に、転校したりすると以前の友達とは連絡取らなくなることが多かったですね。今でもそう。転職を繰り返していますが、そのたびに前の会社の知人とは付き合いがなくなってしまう。あー、結局最後は一人なんだと感じることが多いかも知れません。自分で自分を認めるつもりでも、なかなか難しいのが現実ですかね。決して否定しているつもりではないと思っていますが。なかなか難しいですよ。現実的に。
青い春
2007年07月18日 21:10
そうだよね**なかなかうまくいかないんだよねー**最初はポジティブに考えててもいつの間にやらネガティブに思考変換しちゃってたりして**これは慣れですもんね、きっと**まあ、人間しょせん1人ですから気にすることはありませんよ(何をだ?)笑**一言言うなら**自分が変われば人も変わるってことですね**これ本当だから!笑)もしも人との付き合い方を変えたかったら自分を始めに変えることだよー**私のネガティブ思考はある本がきっかけで嘘でも試してみようってことから変わりました!**信じてみることって大切ね☆**管理人さんは歳いくつですか?
2007年07月18日 22:07
確かに付き合いを変えるにはまず自分から、て言いますね。でも経験あるんですが、自分が変わっても相手が全然変わらないことって結構あるんですよ。結局相手は何も変わってねーじゃん、みたいな。それ以来、何だかどうでも良いような気になってきちゃいまして。結局他人は他人、自分は自分、みたいな。私はプロフィールにも書いてあるように今40歳です。頑張ってポジティブに考えようと努力はしてみるんですが、結局いろいろあってネガティブに戻ってしまいますね。
再び青い春
2007年07月18日 23:48
そういう人もいるかもしれないけど、それだけであきらめちゃえることだったんですか?強く叶えたいって思っていれば叶わないことなんてないんですよ!!
2007年07月19日 10:27
自分なりに頑張ってみたつもりですが、それでも努力が足りなかったと言われれば否定は出来ません。人との付き合いというのは自分だけがいくら強く思ったってダメなことって多いと思うんです。相手あっての付き合いですから。この歳まで来ると、「諦め」ということを覚えます。「これ以上やってもムダだな」っていう。
青春
2007年07月20日 01:47
そうか、色々勝手なことを言ってすみませんでした。そのような思いを経験していたのですね。このブログを読んだだけで何がわかるって話ですが、あなたの思い受け取りました。私はあなたのそのような面も含めて今あなたの存在をがとても大切だと感じます。これからあなたの人生に希望が降り注いできますように。
lala
2011年03月26日 14:47
私も同じ考えです。何故生き続けなければならないのか?どうせ無くなってしまうのに。。。だったら初めから無い方がいい。もしも生まれ変わるって本当なら、この魂の再生がどうかありませんように。。。

この記事へのトラックバック