コムスン問題で考える、日本製粉の不正体質

今に始まったことじゃないのかも知れないけれど、今や日本の社会ではコムスンの不正請求・不正申請の問題や、社会保険庁のずさん過ぎる運営、NOVAの悪質な契約問題など、最大手と言われる規模の企業による不正、悪質さが表面化して来ている。

コムスンの介護事業やNOVAの経営実情に対するクレームは、ずいぶん前からネット上で書き込まれていた。ようやく行政が重い腰を上げたということだと思う。

コムスンの親会社であるグッドウィルは人材派遣サービスにおいても最大手の会社。グッドウィルグループの折口会長が会見し、行政処分を受けたコムスンの介護サービス事業を手離したくないと情けない未練たっぷりの発言をした姿は、記憶に新しい。その会見の席上で、会場の記者たちから厳しい質問を受け続けても、ただ表面的な謝罪を口にするだけの対応は、見ていてイライラするばかりだった。

「利得目的で会社が不正を指示したことは絶対にない」と言う折口会長に対し、女性の記者から厳しい一言が飛んだ。

「故意でなければ不正は許されるんですか?嘘はつかないでください。」

その一言に折口会長は言葉を失った。

さて、私が以前派遣として勤めていた日本製粉という会社でもこの記者の言葉は当てはまる。私が勤務を始めた当時、研究開発業務への派遣勤務は最長3年までと決められていた。また、派遣先となる事業所が事前に派遣職員となる人物と面接を実施したり履歴書を送付させたりする行為も禁止されている。

派遣可能な期間が最長で3年であると決められていた以上、私は2001年1月から2003年12月末で、派遣として勤務可能な期間は終了していた。また私は派遣として勤務する前の2000年11月中に、派遣先の研究所の人物(関口哲氏)と新宿駅近くの喫茶店内で面接を実施し、電子メールにて待遇面などについてのやり取りを交わしている(そのメールは現在もしっかり保存してある)。

これらの事実は、紛れもない違法行為であり許されるべきものではない。しかし、その事実を研究所の所長に告げたとき、所長は悪ぶれることもなくこう言ってのけた。

「そんな法律を知らなかったんだから、仕方がないじゃないか。」

日本製粉という企業の中央研究所所長の言葉とはとうてい考えられない一言だ。
「企業が派遣を雇用していて、派遣法という法律を知らなかった」と自ら認めた発言だ。しかもグッドウィル折口会長の場合と同様、「知らなかったから故意ではない」と主張したいのだろうが、「故意でなければ不正は許されるのか?」。所長として発言すべきは、

「法律を知らずに不正な雇用を続け、不安や迷惑を与え申し訳なかった」

じゃないのか?

勤務し続けた6年間の度重なる日本製粉の不正行為について、ただの一度も会社側から謝罪の言葉をきいたことはない。

こうして社会の出来事を見ていくと、人間というのは性悪説で考えるべき生き物なのかも知れない。だから世の中にはルールが必要だったり、規制が必要だったりするのではないだろうか。

小泉前首相が推し進めた規制緩和政策。結局規制をなくしたおかげで、たとえば医師の集中が都市部に起こり地方の病院で医師不足が深刻な問題となっていることも、我々人間が性悪説に立つ動物であるが故なんだと思う。人間社会にはルールは必要だし、公平性を保つための規制も必要だと思う。

この記事へのコメント

くみこ
2008年02月06日 21:11
就活をしていますので興味あります。日本製粉はグッドウィルまたはそれに似た会社と取引がありますか。また日本製粉は正田家の会社ですよね。
FEC
2008年02月07日 20:54
就職先に何を期待するかで答えは違って来るのですが、基本的にこの会社は「事なかれ主義」です。何が正しいか間違っているか、ではなく、何事もなく穏便に過ごすことが美徳です。
日本製粉グループ会社に「ニップンビジネスサポート」という関連会社があり、派遣社員はここに登録することになります。派遣会社とは言っても実際にはもっぱら派遣で、日本製粉以外への派遣はあり得ません。日本製粉社員の天下り先と言ったほうが近いでしょう。私が勤務していたときは労働者派遣法を何も知らず、派遣社員の管理も一切されていませんでしたが、私が退職する際に労働局に内部告発し行政指導を受けたことで、さらに巧妙な手口を使って違法行為をしている可能性も多いに考えられます。あなたが派遣として勤務することを考えているなら、この会社はやめておいたほうが賢明でしょう。
くみこ
2008年02月08日 21:57
ありがとうございます。天下りというのもなんとなく分かりますが詳しく教えてください。私はできれば正社員を希望ですが派遣の道も考えてます。派遣となるとどうしてもここでないとは思いませんが、巧妙な手口とはどんなものでしょうか。だって違法は違法ですよね。無知ですみません。
FEC
2008年02月11日 00:33
正社員か派遣かで迷っているのですか。少なくとも日本製粉では派遣社員から正社員への昇格雇用は100%あり得ません。これは日本製粉に限ったことではないですが、一度非正規雇用の経験をした人が正規雇用に戻ることは非常に難しいことです。正社員か派遣かについてもう一度よく検討しなおしたほうがいいでしょう。この会社に限らなくとも企業は法令違反を犯しているものです。ただそれが従業員に不利益が生じることなのかどうかの違いで、働くものにとって大きな差が出てくるんだと思います。
FEC
2008年02月11日 00:33
登録型の派遣会社では、ある派遣先での業務が終了すれば次の派遣先を紹介してもらえますよね。でももっぱら派遣の日本製粉では派遣先での契約が終了すれば次の派遣先は紹介してもらえません。派遣法ではこれは違法です。ですから今では一応「次の派遣先を検討したが見つからなかった」と、さも次の派遣先を探したかのような話しを持ち出すでしょう。しかし最初から派遣先を検討するつもりはこの会社にはありません。派遣するのではなく、派遣として登録するだけの組織だからです。もっぱら派遣というのも本来なら違法の可能性が高く、そのような企業には派遣業務の許可が出ないはずなんです。
くみこ
2008年02月13日 21:07
よくわかりました。大変勉強になりました。これからもわからないことがありましたらよろしくお願いします。サウナで倒れてしまったんですか。お体には気をつけてください。

この記事へのトラックバック