人生の切り替えの時には何故か眠たくなる・・・江原啓之

今夜のテレビ朝日「オーラの泉」という番組で、自分が最近ずっと気になっていたことを江原啓之が発言していた。

私は最近、異常なほど一日中眠くて眠くて仕方がなく、もしかしたらどこか身体が悪いんじゃないかとさえ思っていたところだった。メンタルクリニックの主治医に聞いても、特に処方している薬のせいとは思えない、とのこと。

すると今日、見ていたテレビで江原啓之が突然こんなことを言い出した。

「人生の切り替えの時には何故か眠たくなるものなんです。そんなときは、思い切って寝てしまうのが良いです。」

確かに私の場合、前の会社を辞めさせられて人生の転換期にいることは間違いない。うつ病のせいなのか、会社を辞めてからは、一日のほとんどを寝て過ごすことも多くて、「こんなんじゃいかん!何とかしなくては・・・」と思っていたところだったけれど、その意志には反してどうしても横になって寝てしまう。

江原啓之の話しだと、人生の転換期で眠たいときは、寝て過ごすうちに、自分も変わっていくし周りの環境も変わっていくし、そうやっていれば良い、とのこと。

このまま自分も眠たい体調に合わせて過ごすことにしようか・・・。

この記事へのコメント