建前だけしっかりしててもねぇ・・・

これまでに何度も以前勤めていた会社のひどさについて書き留めてきた。

法令遵守も出来ず違法な雇用条件で雇ってきたくせに、社内のコンプライアンス担当者へ申告しても是正されなかったし、労働局に申請して認められ行政指導を受けたら、その腹いせで陰湿な嫌がらせをしてきた。

顧客に対し稚拙な嘘の報告をしていた上司の行為を注意もせず、嘘を嘘だと報告したこの私が会社から不当な扱いを受け、陰湿な嫌がらせを受けた。

研究所の最高責任者であるはずの所長が、職場の女性社員を本気で惚れこみ、彼女の悪口を少し言った私に一年間に渡る嫌がらせ行為を勤務時間中にしてきた。二人の関係が本当に不倫でも何でもないというのなら、例え本人の元に嫌がらせメールが届いたとしても無視し続ければ良かったのではないのか?本気で犯人探しを行い(しかも勤務時間中にだ)、何の証拠もなく自分の気持ちを晴らすためだけに、この私に嫌がらせをし続けた(きっと彼女のことを本気で惚れ込み不倫関係にあったことは想像に難くない)。

なんというひどい会社だろう。こんなことを恥ずかしげもなく雇い止めの理由にして団体交渉の席上で明らかに出来るとは・・・。さすがの神奈川労連も開いた口が塞がらないと言ったところだった。

ところがこの会社のホームページには目を疑うような「行動規範」が掲げられている。


「行動規範4」・・・・
この中の行動指針3には
「正確な報告・連絡ができ、情報が素早く正しく伝わる体制を作り、率直な意見交換ができる、風通しの良い職場環境をつくります。」
とある(私の上司が行なった顧客に対する嘘の報告を見て見ぬふりで見逃した挙句に、それを正直に嘘だと管理職者に報告した私が陰湿な嫌がらせを受けたのに???以前にブログで紹介済み)。
また行動指針4に至っては、
「いやがらせやセクシャルハラスメントのない職場作りを行います。」
である(本社、上司、研究所総務課長、研究所所長らが揃って陰湿な嫌がらせをいくつもしておいて???)。

「行動規範5」・・・・
行動指針1にあるのは、
「社内外の法令を遵守し、法令や社会規範に反する行動は厳に慎み、社会的な秩序が維持されるよう行動します。」
であり、行動指針9に至っては
「法令や社会規範に反する行動は自ら浄化し、指摘した社員が不利にならないよう権利を守ります。」
と書いてある(法令遵守できなかったことを指摘された研究所の所長の言い訳は「法令について知らなかった」なんていう子供騙しの言い訳だった。企業が「知らなかった」なんて言い訳で済まされると思っているのか???)。

今年の1月、神奈川労連が第1回目の団体交渉をするため、日本製粉に関する情報を集めたときに、「ホームページで掲げているように建前だけじゃなくやってくれれば問題ないんですがね。」と皮肉たっぷりに言っていたことを今でも思い出す。

ホームページに掲げてある行動規範は、決して建前ではなく、本当にそういう姿勢で日々頑張っている、と誰もが自信を持って言えるよう日本製粉にはぜひとも頑張ってもらいたいもんだ。

ね?育ちの悪い管理職の皆さん。

ホームページで外面(そとづら)だけ良くしようって言ったって、それって全然意味のないことだと思うよ。



参考資料・・・・企業ホームページの行動規範は、こちら。

この記事へのコメント