退職して一週間

先週の木曜日(4月5日)から今日まで、宮崎県の串間市というところへ行っていた。日本製粉と言う会社で働いているときに、焼酎廃液の水処理プラントを立ち上げる業務の担当で5年間行き続けた現場のある場所だ。

ちょうど一年前から私は、その焼酎会社の業務担当から意図的に外され、現場に行くことを禁じられていた。そのため、その焼酎会社の専務や工場長から、ぜひ会いたいから来て欲しいと誘われたのがきっかけだった。

焼酎会社を訪問して、今後は日本製粉の職員としてではなく、個人として全面的にプラントの件で協力をしていくことを互いに確認した。日本製粉と言う会社には機密保持契約と言うものが存在していないので、退職した現在は自由に関わることが出来るようになった。

さて、宮崎から帰ってきて久々にこうして自分のブログを開いてみた。アクセスログを覗いてみたら、金曜日(4月6日)から急に「日本製粉」という検索キーワードを使ってアクセスしている数が激増している事実が分かった。キーワードは「日本製粉」と「神奈川労連」でブログを検索しているものばかりだ。どうやら今回の労働問題について書き込まれているブログを探し出しているようだ。

きっと日本製粉の連中が、嗅ぎまわっているんだろう。私が退職した後、おかしな行動をとっていないか、相当気にしているんだろうと思う。

かなり根性の悪い会社だ。雇い止めで退職に追い込んでおいて、辞めた後も気になって嗅ぎまわるなんて、情けない会社だと思う。そんなに気にして嗅ぎまわるんだったら、あのとき私を社員にさせておき、違う職場に配置転換しておいたほうが懸命な対応だったろうに、と思う。が、それも考えが及ばない、いや、考えが及んだとしても実行する度胸のない腐った会社だと思う。

今はこうして個人で自由にインターネット上にブログを公開することが出来る時代だ。たかが個人だと高をくくってばかりいると、日本製粉のような大きな企業でも思いがけない落とし穴に落ちてしまう可能性はある。

退職してまだ一週間が経ったばかり。次の仕事に就くまで、充分に鋭気を養おうと思う。

この記事へのコメント