神奈川労連にはがっかりした

神奈川労連って、私の主張を理解し支援してくれる仲間だと思っていた。でも、全然違った。

結局は私の和解金決着から5%のカンパ金をせびるのが目的の団体だった。仲間でも同士でも何でもなかったというわけだ。

会社との団体交渉の場でも、会社の主張する雇い止めの勝手な理由に反論することすらしなかったし、さらに個別交渉も禁じてきた。そして私にこう言った。

「我々はあなたの代弁者ではありません。」

ほぉ~、なるほど。組合員の問題を解決するために団体として行動するけれど、個人の意見は尊重しないということか。団体の行動ありき、というわけだ。

One for All, All for One って言葉、知ってるのだろうか。あきれる団体だ。会社との間で起こっている紛争の解決に協力してもらっていると思っていたが、どうやら大きな間違いだった。

紛争で困っている個人を組合員として組み入れておきながら、その組合員の考えや意思は無視して活動し、個人からお金をせびり取る団体だった。

もう勝手にやってくれ。和解金額の5%が欲しいなら手切れ金としてくれてやるから、さっさと消え去ってくれ。

私は何度も言ったはずだ。

「4月以降も直接雇用の権利を求めて会社に要求していくことが、私の望みなのだ」と。

なかなか素晴らしい団体だと思うね、彼らは。労連は様々な団体の連合体のようだから、全部が一緒ではないだろうが、少なくとも神奈川労連はお金が目的の団体だ。

この記事へのコメント

働く女性戦士
2010年11月30日 05:44
初めてお邪魔しました。過去記事なのでご覧になるかな? 実は今、、神奈川労連にて昨年からの事案が全く進まず、契約は切られるは、傷病手当てもなくなる、、何もしてくれないのに近い状態で、、1年10カ月、、生活できず、、少し 文句言ったら じゃあ、他の所に相談すれば?って、、え~~! もう1年10か月、、2年近いよね?ああ、、、忙しすぎて 色々な案件持って勘違いするわ、まったく解決には程遠い。どうしよう、、って感じです。
管理人
2010年12月04日 09:32
コメントありがとうございました。
やはり私以外にも同じような酷い目にあわされている被害者がいたんですね。神奈川労連は「お金」が目当ての団体だと思いますよ。私が言われた一言「あなたの代弁者じゃない」がそれをすべて言い表していると思います。
あなたの状況がわからないですが、労連よりは直接県の労働局に告発手続きしたほうが良いかも知れません。
おれ
2011年12月05日 22:34
解決金5%は安すぎますね。
あなたの為に動いてくださった方はどのくらいいますか?
あなた自身の行動を振り返ってみてください。
解決金は本来10%が常識です。
彼らにも生活があります。
常識的に考えてみて下さい。
常識?
2011年12月06日 07:03
解決金は10%が常識って、どこの世界の常識だろう。神奈川労連の内部常識なんじゃない?