身に覚えがないのに「また」疑われた

今日の昼前、会社で所長から内線電話がかかってきた。「所長室に来てくれ」とのこと。何だろう???何の覚えもないけれど、「また」嫌がらせメールが届いたとか、そんなことだろうな~・・・。容易に想像はついた。それくらいしか今更所長に呼び出される覚えがないから。

念のため、どんな話しの内容になるか分からないので、ポケットにはICレコーダーを忍ばせておいた。これが後になって重要なことになるとは思ってもいなかった。

所長室に入ると、明るい口調で話し出す所長。「協議でも何でもないし、お互い会社のこと関係なく個人的な立場で話し合おう」と言い出した。そんなわけないだろう。会社で勤務時間中なのに会社のこと関係なく話す????

すると所長が切り出したのは、「君は4月以降どうするつもりなんだね?」だった。

「どうするって俺の権利を主張し続けるだけですよ」「それに会社のこと関係なくって言っても所長はこっちの言ったことを会社に報告するでしょうに」

しっかり所長に釘をさしておいた。すでに一度所長には騙されたことがある。私の自宅に休日やって来て、それこそ個人的な立場で話しをした(だって休日だし、私の自宅だったからね)。その内容が数日後には、全部相手側に伝わっていた。

『こちらに不利にならない範囲で言いたいことを言ってやろう』そう決めた。

会社には会社としての立場で正しいと考えていることがあるだろう。
こちらにはこちらとしての立場で法律に照らし合わせ正しいと考えている。
それらが対立して解決できないというのなら、第三者である裁判官という立場の人に裁いてもらうしか方法はない。


そう伝えた。「裁判なんか起こして続けて行けるか?」と言われたが、余計なお世話だ。「例え一文無しになって生きていくのが難しくなったって、最後まで戦い抜きますよ。」と答えた。

全国には自分と同じように派遣という立場で労働問題に直面して困っている人たちがたくさんいる。そんな人たちのために自分も頑張らないといけない。何があっても。

それから、1回目の会社と神奈川労連との団体交渉で会社側が言ってきた「私を4月以降雇えないという理由」についての話しになった。

一年近く前に、なぜ自殺を考え一日無断欠勤をするに至ったのか・・・。その経過について法廷という場で細かな点まで明らかにしてあげますよ。どれだけ辛い思いをさせられたのか・・・。会社内で所長からどんなひどいことをされ、精神的に参っていたか。すべて明らかにすることになるだろう。

所長と女性社員のもとに届いた二人の不倫を告発する嫌がらせメールの差出人として疑われたことを、当時私は警察に相談していた。そして警察からアドバイスされたことは「そうやって何の証拠もないのに疑って来る相手を威嚇する目的で「被害届」を出したと言ってやりなさい」というものだった。言われるまま私は所長に被害届を出しましたと伝えると、「警察を巻き込むのはマズイ。すぐに取り下げるように」という反応を示した。そして雇い止めの理由が「会社内部の問題を社外である警察に伝え巻き込んだことがけしからん!」だ。何じゃそりゃ。

そして今日、「警察のアドバイスに従っただけで被害届は出ていません。ご存知のはずです」と言ったら、何と「そんな話しは知らない」と来た。そして話しの内容を変えてきた。しまいにゃ「警察に伝えたかどうかは問題ではなく、被害届を出したと言ったことが問題だ」だって・・・。負けず嫌いもここまで来ればたいしたものだ。話しになりませんよ。

団体交渉で出た話しの正確な内容もきちんと伝わっていないじゃん。それじゃ団体交渉した意味がない。もう一度やり直しですね、と伝えたら困惑したような顔をしていた。

そしてついでのように所長が言った。何やら今でも所長のもとに嫌がらせが来るらしい。今度は手紙だとか・・・。もういい加減にして欲しかった。やはり今回所長室に呼んだのはその話しかよ。「何の証拠もないけれど俺は勝手に君だと思っているから、それを伝えておく」だって。勝手な主張だ。疑うのは勝手だけれど、実際に呼びつけて疑いをかけるのは問題と思う。それこそ嫌がらせ以外の何者でもないと思う。

結局所長室で2時間半も話し込んでいた。何の進展も解決にもならない、くだらない時間だった。けれど、そのくだらない会話の一部始終をICレコーダーで録音できたのは収穫だった。会社で所長が私に実際、どんなことをしたのか。その証拠になった。

最後のほうには総務課長が呼ばれたが、何を勘違いしたのか私に暴言・罵声を浴びせてきたのもしっかり録音できた。大きな収穫だと思う。

今回の労働問題については、密室での解決はしないほうが良いと思う。それこそ会社の思う壺だ。裁判という公の場ですべてを明らかにして裁いてもらおうではないか。

この記事へのコメント

影丸
2007年03月16日 14:53
こんにちは。はじめてブログを拝見しました。企業と力強くたたかっていたのは知りませんでした。西村慎吾のことではわたしたちは意見はぶつかっていますが、この問題ではわたしはFECさまを応援しています。労働問題に関しては、わたしもわたしのできることをして、たたかっていきますね。月並みな言い方ですが、がんばってください。負けないでください。
2007年03月16日 21:44
こんにちは。影丸さんのブログではお世話になっています。
ご覧の通り、私は現在会社と労働問題のことで対立し係争中です。何とか自分を奮い立たせるため、こうしてブログに書き記しては足跡を残そうとして頑張っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。