「第23回★今年の映画オブ ザ イヤー」について

第23回★今年の映画オブ ザ イヤー」について
個人的に今年観た映画で一番記憶に残っているのは、「明日の記憶」。ちょうど同時期に会社でいろいろなことがあって神経症にかかり、気分が落ち込んでいるときに観たこともあってか、映画館に何度も足を運んで涙流しました。渡辺謙と樋口可南子が良い演技をしていて、観ているうちに映画を観ているという感覚からドキュメント番組を観ているかのような気分にさせられました。明日は我が身。若年性アルツハイマーという病はいつ誰の身に降りかかるか分かりません。特にちょっとしたことを思い出せないことが多くなってきて、もしかすると・・・なんて不安になったりもします。邦画でなかなか気に入る映画が少ない中、しみじみ良かったな~と感じる映画でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック