映画「ワールドトレードセンター」観てきた

ずっと前から観ると決めていた。オリバー・ストーン監督「ワールド・トレード・センター」。今日が公開初日だった。

物語は、いつもと変わらない静かなニューヨークの早朝の景色から始まる。いつものようにジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)が湾岸局警察へ出勤すると、普段どおりの賑やかなニューヨークの一日が始まる。そのとき、「あの」事件が起こる。一機目の旅客機がセンターに激突し、ジョン・マクローリンと同僚のウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)も急行した。避難を続けるセンタービルの中へ人々を救助するために入ってしばらくすると、センタービルが崩壊してしまう。生き埋めとなった二人は、互いの顔を一度も見ることはなかったが、声で互いを励ましあいながら命をつなぐ。その間もビルは崩壊を続け、そのたびに「もうだめだ」という思いになるが、それでも二人は励ましあう。地上では陽が落ち、救助活動が一時中断されていたが、そんな中何もせずにはいられないという二人の海兵隊員が崩壊した現場の捜索を続けていた。そしてかすかな救助を求める音を二人の海兵隊員が耳にする。

この映画は、あのテロの事件を政治面からでもなく宗教面からでもなく、ただ事実に基づいた物語を家族愛・友情愛という面から描いているように思う。特に大きな展開もないようなストーリーだったが、それがさらにドキュメントを観ているような感覚にさせた。

生き埋めになった二人を救助するために瓦礫の下にもぐりこむ隊員は誰もが、「万が一のことがあったら家族に愛していると伝えてくれ」と言って救助に向かう。

テロ行為は許せないと思う。しかし、アメリカ主導の経済世界の仕組みの中で面白くないと感じている人々がいるのも事実だろうと思う。宗教的な問題、政治的な問題・・・。それぞれが複雑に絡み合っている世界だ。しかし、この映画を観て、あらためて思ったのは、犠牲になった一般の人々のことだ。彼らは文字通り「巻き添え」にあったとしか言いようがない。無差別殺人だと思う。

高度に発達した医療技術のおかげで人々の寿命も延び、世界の人口も増加の一途を辿っているが、乱暴な言い方をしてしまえば、人間が必要以上に増えすぎてしまったのではないだろうか。摩擦や軋轢を生む世の中は、こうなるべくして起きてしまったとも考えられないだろうか。

映画の中には、生き埋めになって奇跡の生還を果たした二人も別の役で出演をしていた。そして24 Twenty Fourで大統領補佐官の役をしていたマイク・ノビックやCTUのカーティスも出演していた。

映画を観ながら、これが本当に起きたことなのだと考えると、二人の勇気に脱帽するし、想像を絶する痛みに耐えたことを思うと果たして自分がその立場だったらどうだったろうと考えた。あれから5年の歳月が経ち、あの事件を振り返ることができるようになったということだろうか。逆を言えば、振り返るのに5年の歳月が必要だったということかも知れない。あの事件直後、何度も放映されるセンタービル崩壊の映像に対し、心的影響を心配して、ビル崩壊の映像放映を自粛するようにもなった。さすがに上映終了後、観客はみんな重たい空気に包まれていた。

あらためて犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。

2,749名が死亡。
国籍は87の国に及び、343名は消防士。
湾岸職員の犠牲者は84名、うち37名は警察官。
ニューヨーク市警察の警官は23名。
救出された者は20名だった。


今夜は同日公開のザ・センチネルをレイトショーで見に行く予定だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

White・Rabbit
2006年10月21日 14:36
初めまして、FECさん。
この「WTC」は手放しで感動できない為、考えさせられる物があるようですね。私はDVDで、主人公たちにとっての事実を観ようと思います。

「計画的な制御破壊」でビルを爆破したと言及する、9/11映画「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が大人気なのをご存知でしょうか? ディラン・エイブリー青年監督の作品が、世界中で意識変革を起こしています。

「MATRIX」的な「ルース・チェインジ」=「ルースチェンジ」の反響+詳細は下記BBSの「9月21日」を。9月11日のNYでの動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

尚、投稿内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs
2006年10月21日 17:10
White.Rabbitさん、コメントありがとうございました。
9.11に関しては、いろいろな説が出ていて、何が本当なのか分かりませんが、この映画は単純に家族の愛というものの暖かさを感じることの出来る作品だと思います。

この記事へのトラックバック

  • ワールド・トレード・センター

    Excerpt: 10月7日公開『ワールド・トレード・センター』UIP試写室で観て来ました。これから書くことはネタバレとかではなく、知っておかなければならない事実という事で書き留めています。“あの9月11日”という言.. Weblog: syumi-悠悠 racked: 2006-10-08 00:53
  • ワールドトレードセンターから消防官へ…

    Excerpt: アメリカ同時多発テロが起きて、早くてもう5年が過ぎましたね。 あの日、私は何をしていたのだろうと思い出すと、ちょうどバイトをしていました。 店舗内のテレビを見ていると、ビルに飛行機が突っ込む映像が…な.. Weblog: 東京消防庁を目指す!!消防官への道 racked: 2006-11-17 23:03