真っ赤なiPod nano登場

画像

10月14日、アップルは「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に参加した真っ赤なiPod nanoを発売した。これは趣旨に賛同する有名企業がそれぞれ赤い色の製品を製作して、その売り上げの一部を基金に寄付するというもの。他に携帯電話やAmerican Express Card(イギリス国内のみ)などがある。

http://www.joinred.com/  ←詳細はこちら

まだ実物を見ていないが、第二世代のiPod nanoのカラーバリエーションがピンクやグリーン、ブルーなどの薄い色の展開なので、真っ赤なiPod nanoは際立って目立つように感じる。

http://blog.nikkeibp.co.jp/arena/ipod/archives/2006/10/ipod_nano110.html


せっかく届いた新しいiPod nano 2nd Black (8GB)のクリックホイール部分に7mm程度の擦り傷がついていた。アップルに問い合わせて見たところ、本体の交換で対応してもらえると言う。本体を送り返す必要があるため、またしばらくのお預けだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • iPod nano

    Excerpt: 前から欲しかったんだけど 給料日の関係でやっと購入♪ 感想はね、ホントに小 しかし、今日頭に来る発言が!! Weblog: 虎ノ門OLのボヤキ。 racked: 2006-10-31 17:06