Back Streets of Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「それでもボクはやってない」

<<   作成日時 : 2007/02/04 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

私はあまり日本の邦画を見るほうではない。でも、この映画「それでもボクはやってない」は観たいと思っていた。

警察の取調べと言うものは、自分たち警察にとって都合の良い調書しか作成しないことを、私は身を持って経験した。いくら自分の真実や事実を述べたとしても、警察にとって不利な証言は調書にならないのだ。

この映画を観て、あの頃自分が体験した拘留中のことや検察官とのやり取りなど、心の底から悔しい思いをした過去を鮮明に思い出した。実際に思い出してみると、思い出したくない過去だった。

映画の最後で主人公が心の叫びでこう言うシーンがある。

「裁判官は事件を公平に裁くための存在だと思っていた。
どこかで自分は無実なのだから、裁判官はそれを分かってくれるはずだと思っていた。
でも違った。
裁判というのは、無罪か有罪かを決めるだけの場所。
公平に裁けるのは、自分しかいない。」


私も自分が体験した過去の中で、同じことを考えた。裁判は公平に正しい裁きを下す場所ではないのだ、と。裁判官や検察官が抱える利害関係の中で、都合のいいように無罪か有罪かを決めるだけの場所だ。そう思った。

この映画を観た人たちが、世の中の裁判で正しい公平な裁きを下していないものも、たくさん存在することを知ってもらえたら良いと思う。

そういった意味で、良い映画だと思う。この映画の中で刑事や検察官が口にした言葉は、実際に言われていることもあるということだ。

今日は自分の暗い過去を思い出してしまうことになって、精神的につらい夜になりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
それでもボクはやってない  加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司
笑えないです{%saiaku%}ありえないです{%punpun_a%}背筋が凍ります{%gessori_a%} 先日、「刑期を終えて出所した人が実は無実で、真犯人が別に捕まった!」という新聞記事を読みました。これってどういうこと〜???そう素朴に疑問に思いました。けど、その背景まで記事にはなってません。これまでも冤罪事件の話を聞くたびに、こんなことがどうして起こるのだろう?大体罪を犯してもない人が、どうして裁判を受けて有罪になるんだろう?何のための裁判制度なんだろう?と漠然と不思... ...続きを見る
めいほあしあんだ
2007/02/05 00:11
【2007-9】それでもボクはやってない
おかしい ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/02/05 00:28
それでもボクはやってない
「Shall We ダンス?」の周防正行監督が、 11年ぶりに作った映画。 「Shall We ダンス?」はかなり好きな映画なので 本当は映画館で観たかったのですが DVDで鑑賞となりました。(T^T) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/09/11 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。簡単になんとも言えない辛い体験をされたんですね。何十年も昔のことですが、父親が交通事故で示談金をせしめられて、しかもそれが近所の人だったんで、子供心にとても苦しい思いをしたことがあります。その場面を私はハッキリ見ていたので、父は悪くないのにと、人が信じられなくなりました。この映画は、日本人全員必須で見るべきですね。
めいほあ
2007/02/05 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「それでもボクはやってない」 Back Streets of Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる